今日から雑記ブログをスタートするぞ!と思ったら想像以上にハードルが高かった件を噛みしめながら書く日記第一号

こんにちは。営業代行の河合です。

 

最近なにか新しいこと、やってますか?

・・・私ですか?

・・・イエス、やってますよ。今ここに「個人ブログ」をスタートさせたじゃないですか。

思い立ったのは先月。会社のHPとは別に、より個人の魅力を伝えるため、個人ブログをスタートします。

 

「あなたから買いたい」と言わせたら勝ち。でもそれは時間がかかる。

営業で大切なのは、

 

「あなたから買いたい」

 

とお客さんに言ってもらうことです。

お客さんがご指名頂くことで、その他大勢の競合他社と比べられることなく、お客さんと商売し、ビジネスパートナーとの関係が築けます。

どんな素敵な商品・サービスも、必ず競合他社がいます。

独自性をどんなに磨いても、競合サービスと比較すると、似たり寄ったり、大差ないのが実情です。

そこで必要になるのが、個人の魅力。

お客さんも人間ですから、好きな人から買いたいのは当然です。

 

「あなたから買いたい」の重要性は多くの人が知るところ。

でもそれを実際にやる、言ってもらうのってすごく大変、といいますか、時間のかかることなんですよね。

こちらとしては早く売りたい。早く売上を作りたいという気持ちがあります。

しかし売りたい気持ちを抑えられないと、お客さんからは、

 

「売りたいだけのゴリゴリのゴリラ営業マンか」

 

と思われてしまいます。

もちろん、ゴリゴリ営業するのは大切ですが、最初からゴリラ営業マンになってしまうと、お客さんは単純に商品・サービスしか比較しません。商品・サービスがよければ買うし、悪ければ買いません。

つまり、別にあなたから買わなくてもいいのです。

 

あなたから買いたいじゃないと、商売は辛くなる。

先ほどと矛盾しますが、売るだけなら「あなたから買いたい」でなくてもいいのですよね。

いい商品を、素晴らしい営業戦略・トークで攻めていけばいいのです。

ですがそれだけでは商売は辛くなってしまいます。

なぜならせっかくあなたが一生懸命に営業しても、その他大勢の一部になってしまうから。

 

・競合他社に切り替えられた。

・値引き要求をたびたび受ける。

・リピート注文につながらない。

 

長く商売をすることを考えると、このフィールドで戦い続けるのは得策じゃないですよね。

イエス、はっきり申し上げて消耗するばかりです。

 

これからますます「誰から買うか?」が問われる時代に。

もう一つ付け加えますと、これからますます「誰から買うか?」が問われる時代になります。

すでに広まりつつAI技術にしても、商品・サービスだけなら買おうと思ったら、ボタン1つで買えますからね。

その状況の中で、わざわざあなたから買う理由ってなんでしょうか?

 

次々と効率化され、便利になっていきますが、ここは人間が生きていく世の中でございます。

住むのは人間であり、ロボットではありません。

私たちは人間と向き合って、人間と商売しなくてはいけません。

 

これらを踏まえると、ますます「誰から買うか?」が重要になっていくのではと思ってます。

 

最初の「日記」なので、もっと気楽に書くぜ!と意気込んでましたが、なんか営業を語ってすみません。

ちなみに私は今、妻の実家にてマスオさんやってます。どうも恐縮です。

場所に関係なく、自分の気持ちを文字にして伝えるって大切ですね。

それでは、また!

無料E-BOOKプレゼント中!

弊社がテレアポ代行している中で、 「なぜアポが取れないのか…?」 「こうすればアポが取れるのか!」 と苦心したすえに見つけた貴重なノウハウを、出し惜しみなく無料E-BOOKに凝縮しました。 もし今も従来型のテレアポでアポインターが苦心しているのでしたら、ぜひこの1冊を手に取って頂けたらと思います。 初期アプローチでアポを量産し、新規開拓を進める上で役に立つ1冊です。 ・大企業のように膨大な広告費が投入できない、中小企業の経営者 ・新規開拓を一任された、営業責任者 ・毎日の業務としてテレアポを行う営業、アポインター このような方の力になるでしょう。 ぜひあなたのビジネスに活用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

未経験で営業をはじめ、「これは3カ月で無理だ」と思うものの、気がついたら営業歴8年に。

これまでの営業代行の実績は、製造業・副資材/人材業界・求人広告・人材紹介/コンサル・研修/WEB制作 などを経験しています。

スマホ1台ではじめたテレアポ代行も、今はスタッフ12名体制に。嫌いな言葉は「営業ですか?営業はお断りです」。