俺たちは検索エンジンのために仕事をしているんじゃねぇ

こんにちは。営業代行の河合です。

 

たまに思うのです。「俺たちは検索エンジンのために仕事をしているんじゃねぇ」と。

ネットが普及したおかげで、営業マンを雇わずとも、ネットで見込み客を集客することができます。

しかしその反面、検索エンジンに向かっての仕事が増えたなと。

 

私も複数サイトを持つサイトオーナーであり、複数企業のサイトのサポートをしております。

なんだかんだ毒を吐きつつも、検索エンジンの重要性は身に染みて感じているので、検索エンジンのための仕事はないがしろにできません。

ですが検索エンジンのための仕事をしていると、ふと思います。

かわい
検索エンジンは、数字でしか判断しないよなと。

今日はそんなお話です。

 

検索エンジンで評価されない2つのこと

検索エンジンの効果は絶大です。たった1つの記事(コンテンツ)で、月間何百人もの見込み客がWEBサイトを訪れるようになります。

ですので多くの方が検索されたときに、自分のページが上位に表示されるよう工夫します。(これがSEO:検索エンジン最適化)

しかしこのSEOがじつに血反吐を吐く作業。なぜなら通常の仕事とちがい、検索エンジンでは評価されないことがあるからです。

 

1・努力

検索エンジンは、コンテンツを作った人の努力を評価しません

1つの記事・ページを作るのに何時間とかけようと、何万円かけようと、検索エンジンは努力を評価しません。

そのため人の2倍3倍努力して作ったWEBサイトも、検索エンジンに見向きもされないこともあります。

 

検索エンジン相手に仕事ばかりしていると、この無常の世界が通常に思えてしまいますが、ですが本当は違いますよね。

人間が住む社会の仕事では、きちんと努力は評価されます

・頑張った。

・一生懸命やった。

・あなたのために全力を尽くした。

これがすべていい結果につながるとは限りません。ですが、相手が血の通った人間ならば、ある程度努力は評価してくれます。

また見ている人は見ているもので、頑張ったあなたを評価してくれる人もいます

検索エンジンの評価は常に1つですが、人間社会では評価基準はさまざま。

だから「努力する」という基準も大切です。

かわい
どんな仕事にも手を抜かず一生懸命な姿に、人は惹かれるものですから。

 

2・人柄

検索エンジンは人柄を評価しません。

良心的な人が運営しているサイトが検索画面をジャックすることはありませんし、逆にどこの誰だか分からないWEBサイトが検索上位を独占することもあります。

これはときおり事件になりますよね。

最近では「医師をうたったサイト問題」がありました。医師を名乗るサイト運営者を調べてみると、そんな人物は実在しなかった・・・という事件でした。

 

人間を相手とした仕事であれば、人柄は大きく評価されます

どんなに仕事ができる人でも、性格が悪く、信用できない人とは仕事はしたくありません。

 

「いい人になれ」

 

ということではありません。しかし法律スレスレのグレーな商売をやっていると、やがて人が離れていきます。

 

人柄を評価しない検索エンジンでは、「サイト運営者がどんな人柄か?」はまったく関係ありません。

権威性・専門性があり、独自性の高いコンテンツがあると評価されれば、グレーな人柄の運営者のサイトでも上位表示されてしまいます。

 

ネット集客(SEO)はアプローチの1つでしかないこと。

ネット集客するために、日々検索エンジンのために仕事をしている。

もちろん、これも大切な仕事。でも検索エンジンばかり向いていると、大切なことを忘れてしまいます。

 

「俺たちは検索エンジンのために仕事をしているんじゃねぇ」

「俺たちは、お客さんのために仕事をしているんだ!」

 

商売である以上、買ってくれる人(お客さん)がいるはずです。

あなたのお客さんは誰でしょうか?

大切なことを忘れそうになったら、検索エンジンと向き合う時間を減らしてもいいかもしれません。

あなたのお客さんは検索エンジンではありません。

 

お客さんと出会う・つながる方法は1つではないこと。

検索エンジン相手に仕事をしているのは、つまり新しいお客さんとの出会いを作るため。

しかしお客さんとの出会いは、検索エンジンだけではないはず。

・新規飛び込み営業

・テレアポ

・DM

・FAX営業

・交流会

・SNS

などなど、いろいろありますよね。

パソコン1台でできるSEO。手軽な集客として、魅力がありました。

しかし現在ではSEOの競争は高まるばかり。あまりSEOだけに固執する意味もないでしょう。

 

これまでSEOメインでやっていた方も、たまにはお客さんと直接向き合ってみるのもいいかもしれません。

飛び込み・テレアポ。顧客に直接アプローチできる手段は、これまで気がつかなかった発見を教えてくれますよ。

 

ただしネット集客しなくていい!という話ではない。

と、「アンチSEO」的な意見を書いてしまいましたが、すみません、これまで通り、私はSEOの仕事も続けますよ。

検索エンジンを相手にした仕事は血反吐を吐くことが多いですが、それでもやるべきだと思います。

ただ、「検索エンジン、お前のために仕事をしているんじゃねぇぞ」と言ったところです。

 

ネットを活用するなら、画面の向こうにいるお客さんの笑顔を想像すべき。

検索エンジン相手に仕事をするなら、画面の向こうにいるお客さんの笑顔を想像すべきでしょう。

検索エンジンはあなたの努力や人柄を評価しませんが、あなたの作ったコンテンツを見てくれた人には努力・人柄は十分すぎるほど伝わります

 

努力・人柄を評価しない検索エンジンと、努力・人柄を評価する人間。

相反する評価基準に心が揺れたときは、迷うことなく「人間」を選びましょう。

なぜならこの世界は人間が生きる世界。検索エンジンのための世界ではありません。

 

「俺たちは検索エンジンのために仕事をしているんじゃねぇ」

 

で、ございます。

 

まとめ:ネットの活用も、お客さんと向き合って。

ネット集客は爆発力があります。1発当てれば、元手不要でウン百万だって稼げます。

しかし検索エンジンには心がありません。あまり検索エンジンばかり相手していると、大切な心を病んでしまいますよ。

 

人間の社会である以上、あなたのお客さんは人間です。

人間には心があり、あなたの努力を評価し、あなたの人柄に惚れて仕事を依頼します。

ネットも大切。でももっと大切なのは、人間同士の付き合い。

ネット集客も活用しつつ、大切なお客さんと向き合って仕事をしたいですね。

無料E-BOOKプレゼント中!

弊社がテレアポ代行している中で、 「なぜアポが取れないのか…?」 「こうすればアポが取れるのか!」 と苦心したすえに見つけた貴重なノウハウを、出し惜しみなく無料E-BOOKに凝縮しました。 もし今も従来型のテレアポでアポインターが苦心しているのでしたら、ぜひこの1冊を手に取って頂けたらと思います。 初期アプローチでアポを量産し、新規開拓を進める上で役に立つ1冊です。 ・大企業のように膨大な広告費が投入できない、中小企業の経営者 ・新規開拓を一任された、営業責任者 ・毎日の業務としてテレアポを行う営業、アポインター このような方の力になるでしょう。 ぜひあなたのビジネスに活用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

未経験で営業をはじめ、「これは3カ月で無理だ」と思うものの、気がついたら営業歴8年に。

これまでの営業代行の実績は、製造業・副資材/人材業界・求人広告・人材紹介/コンサル・研修/WEB制作 などを経験しています。

スマホ1台ではじめたテレアポ代行も、今はスタッフ12名体制に。嫌いな言葉は「営業ですか?営業はお断りです」。