ゴールまで一直線。それが俺たちの仕事の流儀。|テレアポ会社の野望

どうもこんにちは。営業代行の河合です。

 

「テレアポのゴールはアポ獲得」

 

と言われて久しい、テレアポ業界。

しかし私は違和感を感じます。

なぜならテレアポのゴールは「成約」だから。

テレアポでアポを取って、その後成約しなければ、まったく意味がないのです。

 

創業以来、弊社はテレアポ代行をしています。電話一筋、3年ほど。

社歴こそ短いですが、テレアポへの愛とノウハウは、ほかのどの業者よりも負けません。

 

ただし、テレアポだけで成約を目指すのは、なかなかハードモードでした。

具体的に言いますと、

・商談の流れ、クロージング

・商談後のフォロー

・NG顧客への再商談アプローチ

・獲得したアポイントの進捗管理

・顧客に送付する資料

・WEBサイトのデザイン、コンテンツ、LP

など、正直、「ここまでやらせて頂けたら!」というジレンマがありました。

しかし実際にここまでサポートさせて頂きますと、それに比例して増えるのがコスト。それをクライアント様はお許し頂けるものなのだろうか・・・。

 

常にもんもんとしておりました。

幸いにして、鋼のメンタル。どんなに深い悩みを抱えようとも、安眠できるメンタルでございます。

そして私は少しずつ実行しました。

 

イエス、それは値上

そしてそれに伴う、サービスの拡充です。

 

創業初期に弊社にご依頼頂いたクライアント様からすると、

 

「なんだ、この値上げは・・・!?!?」

 

と、驚かれるに違いありません。(当時は1リスト100円、初期費用なしでした。)

ですが値上げと比例して増えたのはコストだけでなく、

・獲得するアポ数

・クライアント様の笑顔

が、爆発的に増えました。感激しました。

当時、いわゆる「電話をかけるだけのテレアポ」だった弊社からすると、確かな手ごたえを感じました。

 

「テレアポで、これは絶対やるべきだよな!」

 

と徹底的に盛り込んだのが、現在の『戦略的テレアポ代行』。

しかし現在、「このサービスに200%満足しているか?」と聞かれると、「それは違う」と秒で答える自分がいます。

 

アポを獲得したら、「あとはよろしく!」で本当にいいのか?

現在、私を悩ますのがこちらです。

テレアポ代行として獲得したアポ。クライアント様に引継ぎ、あとは商談の成功を祈ります。

その後、無事に成約の報告を頂くのが何よりの悦びです。

 

・・・ですが・・・ですが・・・!

本当にアポ獲得してから、「あとはよろしくお願いします!」と祈るだけでいいのでしょうか?

こちとら営業会社として、毎日殺伐としたビジネス界を生き残っているスキルとノウハウがあるのに・・・でございます。

 

商談を管理する重要性をクリアしたい。

成約するためには、商談の質を上げることも大切です。

しかしそれ以上に大切なのが、商談の管理です。

1件1件の商談の進捗を管理し、適切なタイミングでしかるべき一手を打つことが、成約に近づく最短ルートになります。

 

テレアポ代行をご依頼頂きますと、一定数のアポが自動的に入るようになります。

多いクライアント様ですと、月10~20件ほどの商談です。

 

初回商談の1発目で成約するケースは、相当レアです。

1発で決まらなくても、見積り依頼を受け、直近で受注できるケースも、かなりレアです。

テレアポで獲得するアポの中には、「今すぐアポ」だけではありません。

今は検討段階であり、時期が来たら成約するアポも多く含まれます。

 

では弊社で獲得した月10~20の商談は、その後どのようなフォローをされて、成約につながっていっているのか・・・?

それは現状ではクライアント様に委ねられております。

 

ですがはっきり申し上げて、このままではダメだと感じております。

弊社はテレアポ会社ですが、弊社手動で商談の管理までサポートする必要性を感じます。

なぜなら弊社のゴールは成約だから。獲得したアポが、無事に成約するまで見届けるのが使命と感じております。

 

新規開拓に特化した、商談管理システムを。

システムというと大げさになりますが、つまりは獲得したアポが成約するまで見届けるオペレーションを構築したいと思っています。

必要なコストは最小限で構築したい。

弊社の売りは、高品質×低コスト。高品質×高コストでは意味がないのです。ここにはこだわりたい。

 

具体的にどうやるか?

 

については、これからです。

まずは小さなステップを踏みます。そして改良を重ねていきたいと思います。

 

スマホ1台ではじまったテレアポ稼業。

私たちの使命は、クライアント様の成功。

そのためにやるべきことは多いです。

と同時に守るべきルールも多いです。

ルールとは自社の根底に流れるスピリッツ「高品質×低コスト」。

これでクライアント様を成功に導きたい。

 

テレアポを起点とした、新規開拓。

弊社はテレアポ代行会社です。

メインはテレアポです。

しかしテレアポだけでは、すべては解決しません。

むしろテレアポを突き詰めるほど、ほかアプローチとの連携が非常に重要になります。

 

クライアント様と成功まで伴走するには、今のサポートだけでは「まだ」足りません。

まだまだ、弊社ができることは山ほどあります。

サポートの拡充は、コストアップにつながるかもしれません。

しかしコストアップの先には、クライアント様の笑顔が待っていると信じていますし、そのためのコストアップでなくてはいけません。

 

弊社に依頼して頂くクライアント様は、アポが欲しいワケではありません。

アポの先にある成約が欲しいのです。

この事実としっかりと向き合い、弊社は今後とも精進し続けたいと思います。

無料E-BOOKプレゼント中!

弊社がテレアポ代行している中で、 「なぜアポが取れないのか…?」 「こうすればアポが取れるのか!」 と苦心したすえに見つけた貴重なノウハウを、出し惜しみなく無料E-BOOKに凝縮しました。 もし今も従来型のテレアポでアポインターが苦心しているのでしたら、ぜひこの1冊を手に取って頂けたらと思います。 初期アプローチでアポを量産し、新規開拓を進める上で役に立つ1冊です。 ・大企業のように膨大な広告費が投入できない、中小企業の経営者 ・新規開拓を一任された、営業責任者 ・毎日の業務としてテレアポを行う営業、アポインター このような方の力になるでしょう。 ぜひあなたのビジネスに活用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

未経験で営業をはじめ、「これは3カ月で無理だ」と思うものの、気がついたら営業歴8年に。

これまでの営業代行の実績は、製造業・副資材/人材業界・求人広告・人材紹介/コンサル・研修/WEB制作 などを経験しています。

スマホ1台ではじめたテレアポ代行も、今はスタッフ12名体制に。嫌いな言葉は「営業ですか?営業はお断りです」。