竹はノコギリで1000本切れるのか!?成果を出したいなら、道具にお金を出し惜しみしちゃいけないよって話。

こんにちは。営業代行の河合です。

 

所用があり、実は2日間ほどノコギリで竹を切りまくってました。竹を切って、快適な環境を作ってました。なお、仕事ではありません。

累計で100本以上は切ったでしょう。竹を切り、私の頼りない筋肉はいまや瀕死の重体となりました。

虫の息となった上腕二頭筋は、力をいれずともぷるぷると不気味な震えが止まりません。

 

しかし私は竹を切る中で、とても大切なことを発見しました。

いえ、正しくは「発見」ではなく、「再確認した」と言うべきでしょう。

はげしい疲労でうすれる意識のなか、私が再確認したのは次の2つです。

 

1・成果を出すためには、道具にお金をかけること。

2・成果を出すためには、ゴールから逆算すること。

 

「なにを当たり前のことを今さら・・・」

 

・・・と思ったあなた。

ですがお聞きしますが、はたしてあなたは無意識にこの2つが実行できますでしょうか?

私ですか?私はーちょっとー無理ですかねー(えへ)

 

「知っていても、実行するのって、難しいよね!」

 

というお話でございます。

ドキっとしたあなたは、1分だけお付き合いくださいませ。

 

成果を出すためには、道具にお金をかけること。

成果を出すためには、道具にお金をかけることが大切です。

モノの価値は値段ではありませんが、性能の高い道具は決まって高いものです。

ハイスペックな道具があれば、特別なスキルがなくても成果が出せます。

逆にハイスキルな優秀な人でも、道具が悪ければ成果は出ません。

 

「道具にお金をかけるべき」と、あらためて実感したのは、竹を切るのに近くのホームセンターで適当に選んだノコギリを使ったからです。

竹は切れましたが、さすがに10本も切れば筋肉がざわつきはじめました。

 

「このまま筋肉を酷使したら、テレアポの受話器すら持てない。」

「もっと楽に竹を切る方法はないのか!?死ぬぞ、俺の筋肉!!」

 

竹を切りながら考えた結果、これまでのおよそ3割の力で竹を切る方法を編み出しました。

ですがそれでも作業ははかどらず、筋肉の疲労ばかりたまります。

いくら竹を切るスキルを磨いたところで、使う道具が頼りないノコギリなら、竹の1000本切りなど達成できるはずもありません。

 

ですが道具にお金をかければ、簡単に竹の1000本切りは達成できます。

・・・イエス、電動ノコギリさえ使ってしまえば簡単ですよね。

ちょっと充電してあげて、ボタンをぽちっと押すだけで、ズバズバ竹が切れますから。筋肉さんも酷使されずに喜びますとも。

 

20,000円も出せば、高性能な電動ノコギリが買えます。

ですがふと目をやればノコギリが2,000円で売られているので、電動ノコギリは高く感じます。

 

「竹を切るぐらいだから、別に2,000円のノコギリでいいだろ・・・」

 

と思うのは、人間として当然のことです。(・・・と信じたい)

 

・・・ですが、そうではないのですよ。

成果を出すもっとも簡単な方法は、性能の高い道具を使うことです。

道具のスペックが高ければ、スキルも筋肉も性別も関係なく、いとも簡単に竹が切れます。

しかも簡単に切れるだけでなく、より早い時間で成果を出せます。

 

「いい道具を使えば、確実に、そして早く成果が出せる。」

 

ビジネスの教科書に出てきそうなフレーズですね。

 

竹を切ることを例にお話ししましたが、しかしこれって当たり前のことではないでしょうか?

ですが現実の生活では実践できないケースが多くないですか?

いろんな種類のノコギリが並んでいたとき、「よく分からないから・・・」という理由で安いノコギリを選んでませんか?

 

率直に言わせて頂くと、それでは成果は出ません。

なぜなら道具が悪いからです。スキルがあろうとなかろうと、使う道具が悪ければ成果は出ません

「いい道具を使えば成果が出る」のは誰がみても分かっていることなのですが、ついコスト意識を優先するあまりに安いモノを買ってしまい、大切な成果を逃してしまうのです。

 

・・・実に耳と筋肉が痛い話でございます。

 

成果を出すには、ゴールから逆算することが必要。

そして成果を出すためには、ゴールから逆算することが必要です。

 

・どんな成果が欲しいのか?

・そのためにどれくらいの期間が必要なのか?

・どれくらいの労力が予想されるのか?

 

目指すべきゴールから逆算し、今、何をするべきかを考えることが大切なのです。

課題・問題が目の前にあると、ついついすぐにとりかかってしまいます。

ですが反射的に問題にぶつかったところで、

 

「やっぱり無理だった」

「ぜんぜん終わらねぇ」

 

と虚無感におそわれてしまい、作業する手を休めてしまうのです。

 

これは「継続できない病」の正体の1つです。

作業を継続することができず、途中で挫折してしまいまいます。

その結果、目標とする成果が出ません。

 

「竹を切り続ければ、成果は達成する!」

 

これも当たり前のことですが、そもそも論として継続できる人が少ないのです。

継続できない原因をひも解いてみると、それは目標からの逆算がないことがほとんどです。

目標地点までの距離が分からないので、迷子になってしまうのです。

 

だからこそ、欲しい成果から逆算しなくてはいけません

 

あと何本竹を切ったら、作業は終わるのか?

1日何本竹を切ったら、作業は終わるのか?

はたしてこのノコギリだけで竹は切り終わるのか?

 

目の前の竹を切るだけではなく、必ずゴールから逆算しなくては竹は切り終わりません。

 

当たり前のことを、当たり前に実行したい。

つまるところ何がいいたいかと申しますと、この2点です。

 

・やるべきことは、みんな分かっている。

・でもそれを実践できるのは、一握り。

 

今回改めて気がついたのは、とても当たり前のことです。

ですが意識しないと、安物を買ってしまったり、ゴールから逆算することなくスタートしがちです。

しかしこれではダメなのです。成果は出ません。竹も切り終わりません。

 

成果を出すためには、当たり前のことを当たり前に実行することが必要です。

私もつい安いノコギリを買ってしまい、反省しきりです。

私の筋肉もぷるぷると震えています。三十路もゆうにこえたので、無理のできないお年になりました。

行動する前に、3秒考えるクセを身につけたいと思いつつ、乳酸がたまった筋肉を休めたいと思います。

テレアポ頑張るぞ。

無料E-BOOKプレゼント中!

弊社がテレアポ代行している中で、 「なぜアポが取れないのか…?」 「こうすればアポが取れるのか!」 と苦心したすえに見つけた貴重なノウハウを、出し惜しみなく無料E-BOOKに凝縮しました。 もし今も従来型のテレアポでアポインターが苦心しているのでしたら、ぜひこの1冊を手に取って頂けたらと思います。 初期アプローチでアポを量産し、新規開拓を進める上で役に立つ1冊です。 ・大企業のように膨大な広告費が投入できない、中小企業の経営者 ・新規開拓を一任された、営業責任者 ・毎日の業務としてテレアポを行う営業、アポインター このような方の力になるでしょう。 ぜひあなたのビジネスに活用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

未経験で営業をはじめ、「これは3カ月で無理だ」と思うものの、気がついたら営業歴8年に。

これまでの営業代行の実績は、製造業・副資材/人材業界・求人広告・人材紹介/コンサル・研修/WEB制作 などを経験しています。

スマホ1台ではじめたテレアポ代行も、今はスタッフ12名体制に。嫌いな言葉は「営業ですか?営業はお断りです」。